主観客観
2007年1月12日

【年明けから相次いで発覚する企業の不祥事】

 日興コーディアルグループの利益水増し問題に続いて、「ペコちゃん」で知られる大手菓子メーカー、不二家の賞味期限切れ牛乳使用問題が発覚。年明けから残念なことに企業のコンプライアンス(法令遵守)欠如が再びクローズアップされることになってしまった。

 
不二家の埼玉工場において消費期限を過ぎた牛乳を原料としてシュークリームを製造していたことが明らかとなり、その後アップルパイでも期限切れのリンゴ加工品を使っていたことも判明するなど、問題は広がる様相をみせている。食品メーカーの不祥事は一般市民への健康にも影響するだけに、事態はより深刻だ。

 
今回の不祥事は、洋菓子事業が4年連続営業赤字となるなど経営不振に陥っていただけではなく、長年の同族経営による社内のひずみが招いたとの指摘もある。不祥事が長年放置される管理体制と、不祥事を引き起こす企業風土に辟易しているのは、私一人だけではないだろう。上場企業として倫理観があまりにも欠如している。

 
このところコンプライアンス欠如の倒産が目立ってきており、中小・零細企業にとっては1つの不祥事が命取りになることも少なくない。だからこそ各企業ともコンプライアンスには特に注意しているのに、株式を上場している大企業がこのていたらくでは、ニッポン株式会社が海外から見捨てられてしまう日も遠くはないかもしれない。

 
こういった企業の不祥事は氷山の一角とも言われているが、同様のことがこれ以上ないことを願ってやまない。今回の問題を他山の石とはせず、これを機に各社ともいま一度、帯を締め直してもらいたいものだ。また、不二家には原因の究明、再発防止策の徹底だけでなく、不祥事を招く企業風土の改善にも取り組んでいただきたい。

東麻布の宮


 【増幅する個人消費の先行き不透明感】

 
2007年、景気回復のカギは個人消費と言われているが、年末年始商戦では日銀の再利上げを後押しするほどの消費活動はみられなかった。

 最近の個人消費に関する需給動向をみると、供給側の統計である百貨店、スーパー、コンビニの各販売額では2006年1〜11月に前年同月実績を上回ったのが百貨店では2月、3月、9月、スーパーでは3月、8月、コンビニに至っては6月だけという状況である。

 また、需要側の統計である家計消費支出からも、同期間で前年実績割れが11カ月連続と低迷が際立っている。

 この冬は暖冬で降雪量が少ない。関東南部では例年なら雪になるところが季節はずれの大雨となるなど1度も降雪がなく、暖かい日が目立っている。年明けもこの傾向に変化はない。

 近年、天候による景気への悪影響が話題にのぼることが多い。長梅雨、冷夏、暖冬などが需要動向を大きく揺さぶり、供給側の商品開発や仕入れ・販売・在庫計画を狂わせる結果となっている。

 2007年以降は、一般消費者の可処分所得が低下の一途となる。定率減税の廃止や社会保険料負担の増大に加えて、先行き、消費税率の上昇が確実視されるなか、個人消費動向はますます厳しい状況へと追い込まれる。

 こうした環境下で、個人消費を牽引役とした力強い景気回復が実現するはずはない。デフレ脱却の判断さえあいまいにしたままの政府・日銀には、減税による個人消費拡大や地方活性化策など抜本的な景気刺激策を望む。

大和


 【消費拡大のヒント】

  個人消費の低迷が深刻となっているなか、販売好調なのが、ゲーム業界、なかでも任天堂の商品だ。

  2画面を持つDS・DSライトとタッチペンを活用して楽しめるソフトの組み合わせが人気となり販売数を伸ばした。また、年末年始商戦に投入した「Wii」は投入後すぐに売り切れとなり入荷待ちが続くなど好調を持続している。

 
この好調な販売を受けて、任天堂は1月10日、2007年3月通期業績予想を修正、通期の連結経常利益は前年度比30%増の2,100億円(従来予想比23%増)となる見込み。

 
脳活性化ソフトとしてヒットを続ける「脳を鍛える大人のDSトレーニング」、コミュニケーションソフトの「どうぶつの森」、アクション系の「ポケットモンスターシリーズ」「スーパーマリオブラザーズ」など、累計販売本数が300万本を超える多くのヒットソフトを抱える。

  このほかにも、タッチペンを生かした学習ソフトも「英単語」から「漢字検定」にいたるまで各種投入されている。

 ゲームは「遊ぶモノ」、「子供やゲーム好きの大人のモノ」という限定的な視点から一般の老若男女にも視点を移し、需要層を拡大した功績は大きい。

 幅広いターゲットを意識したソフト投入が相乗効果を生み、ゲーム機の販売拡大に結びつけた任天堂の視点は、低迷する消費を喚起するヒントとなる。

脱・属国


このサイトについて  サイト利用規定  プライバシーポリシー  免責事項  サイトマップ
Copyright (c) 2002- TEIKOKU DATABANK, LTD. all rights reserved.