主観客観

最新調査結果はこちら

タバコをやめて感じること

2010年10月6日

 10月からの値上げを前に思う所があって禁煙を開始した。これまで3週間程経過したが、何とか無事(?)に禁煙を続けている。禁煙して気づいたことは、タバコを吸わないということは、いい事づくめで悪い事は何もないということだ。

 何より食事がおいしく取れるのには驚いた。味覚が敏感になったというか、普通に戻ったようで、繊細な味付けでも充分おいしく食べられる。食べ過ぎは禁物だが、これからは塩分控え目な健康的な食生活を送れそうである。

 二日酔いの症状が軽くなったのも有り難い。筆者はかなりのアルコール好きであり、激しい頭痛をともなう酷い二日酔いの日も少なくなかったが、タバコを吸わなくなってからその症状が軽くなった。頭痛の原因はアルコールではなく、タバコの吸い過ぎによるものだったのだろう。これからは飲み過ぎは禁物だが、翌日の事をあまり心配しないでお酒が飲めそうである。

 そのほか、プールで泳げる距離が伸びた。食後に子供と過ごす時間が増えた。小金が貯まった。部屋が綺麗になった。などなど、自分にとって良い事が沢山あるのが嬉しいし、楽しくもある。

 自分にとって良いだけではない。厚生労働省が初めて公表した受動喫煙に関する推計によると、受動喫煙が原因の肺がんや心筋梗塞で年間約6800人もの人が死亡しているとのことである。禁煙したことで今後は自分の家族や友人・知人達に受動喫煙の迷惑を掛けることもなくなった。

 とにかく何もかもがすべて良いことばかりだ。そう強く思い続けながら完全なる禁煙に成功したいと思う。

(Major Tom)


今月のトピックス・主観客観に戻る
最新調査結果はこちら

このページのトップへ

このサイトについて  サイト利用規定  プライバシーポリシー  免責事項  サイトマップ
Copyright (c) 2002- TEIKOKU DATABANK, LTD. all rights reserved.