新型肺炎が日本経済に及ぼす影響(1)

中国人訪日客の抑制でインバウンド消費は1,422億円減少
~ 中国進出企業の景況感は急速に悪化 ~

中国発の新型コロナウイルスによる肺炎「COVID-19」(以下、新型肺炎)への脅威が、世界的な広がりをみせている。こうしたなか政府は国内の感染拡大防止の「重要な局面」にあるとして、対策基本方針の策定を決定した。また2月22日にはIMF(国際通貨基金)が2020年の中国の経済成長率予測を1月時点から0.4ポイント引き下げ、世界経済見通しも下方修正するなど、新型肺炎が日本経済に与える影響が懸念される。

このコンテンツの著作権は株式会社帝国データバンクに帰属します。著作権法の範囲内でご利用いただき、私的利用を超えた複製および転載を固く禁じます。