テレワークへの取り組み

企業の39.8%がテレワーク等を導入
~ 業種や従業員数により導入に大きな格差 ~

2020年、日本において政府や行政、企業のいずれもデジタル化の遅れが顕在化した。一方で、企業の75.5%が新型コロナウイルスの感染拡大にともない、デジタル施策に取り組んでいる。特に、在宅勤務の広がりで、テレワークなどリモート設備の導入は新しい働き方として一段と注目される。そこで、本レポートでは、企業におけるテレワークへの取り組み状況についてまとめた。

このコンテンツの著作権は株式会社帝国データバンクに帰属します。著作権法の範囲内でご利用いただき、私的利用を超えた複製および転載を固く禁じます。