新型コロナウイルスの影響下での企業の業態転換

すでに転換した企業は、プラスの影響がある割合が高い
~ これから業態転換をする企業へ向けた支援が重要に ~

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)による影響が拡大するなか、帝国データバンクの「TDB景気動向調査(2020年12月)」では、景気DIが7カ月ぶりの減少となり、国内景気は持ち直し傾向がストップ、今後の国内景気は一時的に後退すると見込まれる。そのなかで、政府の成長戦略会議において、事業の継続が困難となった中小企業に対し業態転換や新分野への進出を促すため、新しい補助制度を整備する方針が打ち出されている。


業態転換の実施有無別の新型コロナウイルスによる業績への影響
gyoutaitenkan_corona.png
このコンテンツの著作権は株式会社帝国データバンクに帰属します。著作権法の範囲内でご利用いただき、私的利用を超えた複製および転載を固く禁じます。